棒鍵ってなんか形が好き

私はバザーが大好きだ。ずっと欲しかったものがお手頃価格で手に入ったら、その日一日ご機嫌で過ごせる。1000円もあれば、袋いっぱいに買い物ができるから家計にやさしいストレス発散方法だ。

先日も幼稚園のバザーで掘り出し物を見つけた。それは何と「棒鍵」である。棒鍵って何?という人のために説明すると、先端にだけちょっとでっぱりのある、昔から使われているカギである。ディズニーランドにあるカリブの海賊で、犬が加えている‘アレ’と言えばわかってもらえるだろうか。和風と洋風があるけれど、私はやっぱりレトロだけどオシャレな感じがするから洋風のものが好きだ。これが何世紀も前から使われていたのかと思うと、ドキドキする。

もちろん私がバザーで買ったものはレプリカで、ホンモノではない。だけど棒鍵って、なんか形が好きなのだ。映画なんかで棒鍵を使ってカギを開けるシーンをよく見るけれど、‘カチャリ’といういかにも防犯的には心細い音がするのも好きだ。前世でそのカギを使っていたのかな、と思うくらい、何だかドキドキする。

そんなものを買ってどうするの?と夫には呆れられたけれど、置物にしてもいいし、革ひもを括り付けてどこかにぶら下げてもオシャレだ。ネックレスにしてもいいし、カバンにつけても可愛いかもしれない。

50円で手に入れたそれを眺めながら、もっと集めてコレクションにしようかな~とワクワクしながら思うのだった。